水中の生き物の水づくり生き物を飼う前に
教室生き物ワールド

タニシ

タニシだけで飼うよりも、むしろ
金魚やフナなどと一緒に飼うとありがたみがわかります。


マルタニシちゃんです。


★教室での飼育のしかた
飼育ようき
  • 水そう(ザリガニ・カニ・かめ用)

  • エアーポンプ、エアーストーン

  • ろかそうち(あれば。高いです。)

  • 飼育ようきの中に入れるもの。

    • 5〜10cmの高さ(金魚などより多めに)
      やや細かめの砂がいいのですが、飼っているうちによごれがたまって、どろどろになりやすくなります。


    • カルキをぬいた水を使いましょう。


    • 水草を植えましょう。

わりあいなんでもよく食べるようです。えさが少ないと、ともぐいもあるようですので気をつけましょう。また、大きなタニシですと、メダカなどを食べることもあるようです。(とらえて食べるのか、死んだものを食べるのかは調べているところです。)
  • 「ザリガニのえさ」や「金魚のえさ」などの配合飼料(はいごうしりょう)
    (いっしょに飼っている魚のえさの食べのこしを食べてくれます)
  • 水草

  • 水そうについたコケ

  • 日当たりのよい場所において、水の中にコケが生えるようにするといいでしょう。ただし、直射(ちょくしゃ)日光を当てると、夏場などは水温が上がりすぎて死にます。いっしょに魚を飼っている時は魚に合った場所に水そうを置いてください。
  • タニシが水面に上がってきたら水が悪いということになります。酸素がたりないのでしょう。そうなったら水をかえます。
  • タニシはじょうぶです。飼育しやすくておすすめです。また、水そうのコケを食べてくれますので、そうじの手間が少しはぶけます。教室ではとてもうれしい生き物ですね。
  • 他の魚たちと飼うときは、タニシも生き物の頭数(あたまかず)に入れて、水そうに入れる数を考えてください。ついついおまけのようにあつかわれますが、それはまちがい。タニシも酸素(さんそ)を使い、二酸化炭素(にさんかたんそ)を出しますよ。
★冬ごしのしかた
  • 寒くなると、タニシは砂の中に入ります。
★ふやしかた
  • タニシはとてもよくふえます。ふやすときはとくにしてあげることはありません。
  • タニシはお腹の中で、たまごをかえします。ですから、親タニシのカラのところから小さいタニシがたくさん出てきます。赤ちゃんはとてもかわいいですよ。
  • 赤ちゃんが生まれてからは特にすることはありません。ただし、いっしょに飼っている魚につつかれたり食べられたりすることがあります。