水中の生き物の水づくり生き物を飼う前に

otamajakusi


おたまじゃくしはカエルの子。
よく見るとおたまじゃくしには不思議がいっぱい。

 

★教室での飼育のしかた

  • 水そう
    あさくてもいいです。
    カエルになるまではふたもいりません。
  • りく地になるところ
    石やすなで作る。ゆるやかなかたむきのものにしよう。
    (かえるになったときのために)

  • 水そうに入れるもの
    • 小石・すな
    • エアレーションするもの
      (ポンプ、エアーストーン、フィルターなど。かならずひつようなものではありませんが)
  • 水草
    あればぜひ入れましょう。えさにもなります。
えさが足りなかったり、動物せいのえさも入れないと、ともぐいしてしまいます。
  • はいごうしりょう
    金魚のえさ、ザリガニのえさなど。
  • 動物せいのえさ
    けずりぶし、ひき肉

  • 植物せいのえさ
    ゆでたほうれんそう。きゅうりのわ切り。水草。

  • 水のとりかえ
    くみおきの水を少しずつとりかえましょう。

  • えさのせわ
    えさの食べのこしはとりましょう。

  • ちゅうい!
    足や手が生えてきたら、りく地になるところを用意してあげましょう。これをわすれると、おたまじゃくしはおぼれて死んでしまいます。

  • りくに上がってきたら
    りくに上がるようになったら、こきゅうのしかたも、えさも変わります。育て方はカエルのコーナーを見てください。
おたまじゃくし豆ちしき
ふゆごしは?
  • かえるのすがたで冬をこします。
    しかし、ウシガエルはおたまじゃくしの期間が長いので、おたまじゃくしのままで冬をこします。(情報・・かこやさん)
    また、ツチガエルのオタマジャクシも冬ごしをします。