水中の生き物の水づくり生き物を飼う前に

kingyo

夜店でつった金魚を学級にもってくるというパターンが多いですね。
夜店の金魚を大きく育てることができたらもう、博士ですね。
卵を産ませて赤ちゃん金魚がでてきたら、大博士ですよ。


★教室での飼育のしかた★
水そうのセットの例
  • 水槽
    直接日光の当たらない場所に置く
  • エアーポンプ・エアーストーン
    エアーストーンのかわりにフィルターがあればなおよい。
  • 小石
    金魚の口に入る大きさがよい。4〜5cmの高さに。
  • ガラスぶた
    金魚の飛び出し防止。
  • 水草
  • 水温計
  • ふつうの金魚のえさ(配合飼料)
  • 乾燥イトミミズ
  • 乾燥アカムシ

  • えさやり
    えさは、一匹分の量はだいたい「頭の部分の半分」です。それをめやすにしましょう。
    必ず様子を見ながら食べ残さないようにえさを少しずつあげましょう。
    金魚はたいへん義理(ぎり)がたく、もらったえさは全部食べようとしてしまうところがあります。
    食べすぎると体調をくずしますので、あげすぎには注意ですよ。
  • 水がえ
    水はこまめに少しずつ取り替える。水そうないのそうじは6ヶ月に一度くらい。
    水そうのそうじは寒い時期はやめよう。水そうの中がよごれていなかったら洗わない。
  • 夜店で買ってきた金魚
    夜店なんかですくってきた金魚は白点病、尾ぐされ病予防の薬(グリーン、メチレンブルーなど)の入った水で薬浴させる。塩も入れるといい。
    こちらも見てみよう→生き物を飼う前に
  • 水温
     水温は13度以下になると金魚はあまり動かなくなります。そうなるとえさもあまり食べません。
    寒い地方では金魚が病気になりやすくなるので、ヒーター(カメヒーターでも十分)をいれてあげると元気に冬をこせます。
     池の中の金魚は、そこがふかければじっとして冬をこします。じつは金魚はさむさには強いのです。ただし、水おんがへんかすることには弱いので、室内で飼っているときには注意がひつようです。
★ふやし方★
たまごを産ませるじゅんび

・冬はヒーターで水温を高くしてはいけません。冬の寒さにあてることが大切です。寒い地方でヒーターを入れるなら、水温をひくくちょうせつできるものにしましょう。

・春に水温が15度以上になると、たまごを産みはじめます。メスのおなかが大きくなります。

・水そうにキンギョモなどをいれておきます。
金魚がたまごを産む

・たまごは一週間に数回産みます。

・たまごのついたキンギョモを別の水そうにうつします。
たまごのふ化

・たまごのふ化日数は水温でちがいます。(20度で5日くらい)

・ふ化から2〜3日たつと赤ちゃん金魚はえさを食べ始めます。えさは熱帯魚の「卵生魚用ベビーフード」が水があまりよごれなくていいです。

・金魚の赤ちゃんにはエアーポンプを使わずに、水草のいっぱい入った水そうで飼いましょう。

・一ヶ月は水かえをしません。(すこーしずつ取りかえるのはいいです。)
★冬ごしのさせかた★
金魚の冬ごしはそうむずかしくありません。けれども、寒い地方で教室で飼うと、金魚の体調をくずしてしまうことが多いのです。それは、昼はストーブがついて熱くなるのに、夕方からはストーブもつかず、明け方には氷点下(ひょうてんか)の気温になるからです。
  1. 金魚の水そうはストーブからはなれた場所におきましょう。
  2. 夜と昼の気温の差が多くない部屋におきましょう。
  3. えさは、ほとんど食べません。えさをあげると水がよごれます。水そうの下の方でじっとしているときは、えさをあげなくてよいのです。
★病気、よぼう、ちりょう★
病気の名前とようす ちりょうのし方 よぼうのし方
【白点病】
からだのあちこちに白いぽつぽつ
白い点が増えて弱ってくる。
早い時期に発見し、薬を水そうに入れればなおります。
  • 病気の魚を別の水そうへうつし、メチレンブルーやグリーンなどの薬を、説明書をよく読んできまった量を入れます。(大人にやってもらおう)
  • 水温が高くないと(25度以上)ききめがうすいので、もしあれば夏以外はヒーターなどで水をあたためましょう。
  • 同時に塩をひとつまみいれましょう。
水温が急にかわるようなことをしない。(冷たい水での水かえ、ストーブのそばにおく、など)
【尾ぐされ病】
きず口にカビや細菌がつき、ひれがとけるようにくさる。
ほかの魚に病気がうつりやすい。
【口ぐされ病】
口のところにわた毛のようなものがつく。
えさが食べられない。
ほかの魚にうつる。
あっというまに病気がすすんだり、ほかの魚にうつって魚がぜんめつすることがあるので、早い時期に見つけなければなりません。
  • グリーンFなどの尾ぐされ病ちりょう薬を、説明書をよく読んできまった量を入れます。(大人にやってもらおう)
  • 食塩もききます。
  • 病気があらわれた魚は他の水そうにうつしてちりょうしますが、病気の出ていない魚も薬を入れた方がいいでしょう。
  • この病気の出た水そうは、水をすててよく洗ってください。
魚をいどうするときにキズをつけない。
魚どうしにケンカをさせない。(せますぎる水そうはだめ)

水そうの中にキズがつきそうなものは入れない。(プラスチックでできた水草の中には、キズがつくものがあります)

水温が急に下がることはしない。(水かえなど)

水がよごれたままにしない。
【松かさ病】
魚のウロコが、松ぼっくりのように立ってくる。
ちりょうのむずかしい病気です。サルファ剤、フラン剤、抗生物質などがきくことがあるそうですが、熱帯魚や金魚のせんもん店で相談してみましょう。 原因はよくわかっていません。
【えら病】
えらがまくれあがる。
こきゅうができなくなって、くるしがる。
細菌がエラについたり、寄生虫(きせいちゅう)がエラについておこる病気です。
  • 水をとりかえて、メチレンブルーを入れる。
  • メチレンブルーできき目がなかったら、尾ぐされ病ちりょう薬に入れてみる。
生きたえさ(糸ミミズなど)を入れると、それに寄生虫がついていることがあります。

そのほかの予防法は尾ぐされ病と同じです。
【さか立ち病】
金魚がおなかを上にしておよぐ。
これは魚の「うきぶくろ」とよばれる部分の病気です。水温がひくいときにおこることが多いです。
  • 水温を上げる。
  • えさの量をへらす。
運動不足とえいようのとりすぎに気をつけさせましょう。

水温が低いきせつは、えさを少なくすること。
※病気ちりょう中の水そうにも、子ども達はよくえさをあげていますが、えさはあまりあげないほうがいいようです。ちりょう用の水そうはかんきょうがわるい場合が多いので、水が早くよごれてしまいます。また、水草を入れるとだんだんかれてしまいます。
★金魚豆ちしき★
赤ちゃん金魚の色は?
  • たまごから生まれた赤ちゃんは、最初の2ヶ月くらいはフナのような黒っぽい色をしています。まだらになったり、黄色くなったりしながら、本当の自分の色になります。
金魚の色が変わる?
  • いったん赤くなった金魚は、なぜか色が変わることがあります。黄色くなったり、金色っぽくなったり、白っぽくなったりします。いったいなぜなのでしょう?
オスメスの見分け方は?
  • しりびれの前にある「生しょく口」で調べます。生しょく口は、こう門のすぐうしろにあります。こう門は、ウンチが出てくるところです。
  • 生しょく口の形で調べます。オスはだ円形(長丸)でメスが円(丸)です。メスの方がやや外に出っぱっています。
じゅみょうはどれくらい?
  • 家や学校で育てる金魚のじゅみょうは、だいたい10年くらいということです。ただし、ランチュウやデメキンなどはじゅみょうがみじかいそうです。ただし、人間にもうんと長生きする人がいるように、ワキンなどでは20年生きるものもいるそうです。


ここで金魚情報をゲットしよう!

★キンギョや川魚を飼おう
★small animals
★ご金魚物語
★金魚のページ「らんちゅう広場」
★川魚探検隊