カイコ(カイコガ)

カイコは幼虫の名前です。成虫はカイコガとよばれます。
昔から人に飼われていて、まゆから絹糸(きぬいと)がとれます。


★教室での飼い方
  • はこ または おぼんのような容器
    (ふたは 必要ありません。)

  • カイコの幼虫か、たまご
    (自然の中からとってくることはできません。養蚕試験所(ようさんしけんじょ)、農業試験所(のうぎょうしけんじょ)、養蚕農家(ようさんのうか)からもらうか、買うかしなければなりません)
  • くわの葉
    カイコを飼う前に、近くにくわの木があるかどうか たしかめましょう。

  • 人工飼料(じんこうしりょう)
    人工飼料を売っているところもあります。また、カイコの飼育セットを売っているところもあります。

  1. 箱にたまごかカイコを入れます。
    (日光のあたらない、風通しのよいところにおきます。)
  2. たまごから幼虫がかえったら、くわの葉のやわらかいところをきざんであげます。大きくなっているカイコには、枝のまま葉をあげます。

  3. 葉は毎日とりかえます。
    (実際に飼ってみたところ、1日取りかえないぐらいではだいじょうぶでした。が、毎日とりかえるにこしたことはありません。毎日えさをちゃんととりかえたほうが、育ちがいいです。学校では、連休中の世話をだれかがしなければなりません。)

  4. 食べのこしや、ふんは毎日とりのぞきましょう。
    (古い葉の上に、新しい葉をのせます。カイコが新しい葉にうつってきたところで古い葉をすてます。が、中にはなかなか新しい葉にうつってきてくれないカイコもいて、やきもきします。)


  5. 4回目のだっぴが終わって、あまり葉を食べなくなったら、まゆをつくる場所に入れます。
    くわの葉を食べなくなって2日くらいでまゆをはきます。このときはカイコの体がはちみつ色になって少しすきとおってきます。)

    <まゆを作る場所の作り方>
    • 高さ6cmくらい、ひろさが4×4cmくらいに、箱にしきりをつくります。
      または
    • 着物の反物(たんもの)のじく、トイレットペーパー、ラップの芯(しん)でも作れます。
    • 幼虫は一匹ずつしきりの中に入れます。しかし、お気に入りの個室(こしつ)をめざしていどうしてしまったり、2匹いっしょの個室に入ってしまったりもします。2日間ぐらいかけてまゆを作ります。
    • まゆの中でさなぎになります。

  6. 成虫になって、まゆから出てきます。
    さなぎになって一週間くらいでまゆから出てきます。まゆの先が茶色になったら出てくるじゅんびをしていると考えていいでしょう。
    • 成虫は、羽はあるのですが、とべません。羽にくらべて体が大きいのです。
    • 成虫はえさを食べません。
★ふやし方
  • 成虫になったら、オスもメスもいっしょのケースに入れて、交尾(こうび)をさせます。
  • 交尾がおわって3時間ぐらいしたら、カイコガの羽をしずかにつかんで、ひきはなしましょう。
  • 新聞紙の上などでおしっこをさせます。

  • メスは産卵(さんらん)ケースに入れます。
    12cm×6cmの長方形に紙を切り、6cmの辺をくっつけて、つつの形にします。それを紙の上にのせます。紙コップをかわりに使ってもいいようです。

  • メスは産卵します。
    下にしいた紙に産卵します。

  • メスをとりだします。
    2時間ほどで産卵はおわります。

  • 6、7月に生まれたたまごは、10日ほどでふ化します。
    8,9月に生まれたたまごは、そのまま冬ごしして、よく年の春にふ化します。冬ごしするたまごは、暗くすずしい場所でほかんしましょう。れいぞうこでもほかんできます。
オスメスが交尾しています。後ろのたまごは、メスをとり出さない方ほうでさんらんさせたものです。大きい方がメスで、小さい方がオスです。 たまごをかく大したものです。
これは、こうび中のオスメスを顔の方からとったものです。 顔のアップです。
これは、まゆです。
★カイコ豆ちしき
ふたがなくても、にげないの?
  • カイコはくわの葉のあるところにいますので、にげだしたりしません。ただし、くわの葉がなくなったり、まゆをつくるときにいい場所がなかったらどうなるのか・・・・は、わかりませんが。

まゆから絹糸(きぬいと)をとるには?
  1. まゆをお湯でにます。
    このときに、中のカイコは死んでしまいます。
    あまりにぐらぐらにたったお湯に入れると、糸がいたみます。
    このまままゆをさまします。

  2. ぬるま湯につけて、糸をとりやすくします

  3. ぬるま湯につけたまま、糸をとります。
    まゆの糸は必ず一本です。1本だけ糸を取り出し、その先をたぐってさがしましょう。厚紙などにまきつけていきます。このとき厚紙を幅をきめておくと(10cmなど)、何回巻いたか数えていけば、絹糸の長さをはかることができます。

一個のまゆからどれくらい絹糸がとれるの?
  • だいたい1000mくらいと言われています。

成虫のオスメスのみわけかたは?
  • オスは、体が細めです。メスは反対に体が太くてずんぐりしています。さなぎの時から、オスとメスでは大きさがちがいます。


素材提供/うちの学校の教頭先生