水中の生き物の水づくり水の生き物を飼う前に

ベタbeta


お店ではビンに入って売られていることが多いですよね。
ベタの親の産卵(さんらん)、子育てのようすはとってもおもしろいですよ。
ぜひ観察(かんさつ)してほしいです。


★教室での飼育のしかた★

ベタは空気中からも酸素(さんそ)をすうこともできるため、水の中の酸素が少なくても生きてゆけます。しかし、それがベタにとって住みよい場所であるわけではありません。本当はメダカ飼育(しいく)フルセットで育てるのが、一番です。ベタの飼育すいそうしかし、たまごを産ませるときは、せまめの水そうのほうがいいようです。
  • 水槽
    直接日光(ちょくしゃにっこう)のあたらない場所におく
  • エアーポンプ・エアーストーン
    エアーストーンのかわりにフィルターがあればなおよい。
  • 小石
    大磯砂(おおいそすな)など。4〜5cmの高さに。
  • ガラスぶた
    飛び出しをふせぐため。
  • 水草
    しずむタイプより、うくタイプの水草がいいでしょう。
  • 水温計
  • ヒーター
  • 熱帯魚用配合飼料(はいごうしりょう)・・・ベタ用と書いてあるものもあります。

  • 注意
    ベタのオスどうしは、必ず1匹で飼います。2匹以上いっしょにすると、死ぬまでたたかってしまいます。また、エアレーションを強くするとベタはつかれてしまうので注意がいります。ヒレをきずつけてしまう、プラスチックの水草も入れないようにしましょう。
  • えさやり
    えさは、一日に1回か2回、必ずようすを見ながら食べ残さないようにえさを少しずつあげましょう。食べすぎると体調(たいちょう)をくずしますし、残ったえさは水のよごれのもとになりますので、あげすぎには注意ですよ。
  • 水がえ
    水はこまめに少しずつとりかえます。小さい水そうのみずかえは少しずつ毎日。(小さい水そうのとなりに換(か)えの水を入れたコップを用意しましょう。)
    水そうの中がよごれていなかったら洗わないようにしましょう。
  • 水温
    ベタは熱帯魚(ねったいぎょ)です。水温(すいおん)が23〜28度くらいになるようにしましょう。これよりひくい温度でも生きられるようですが、春や秋でもヒーターはできるだけ入れてあげましょう。
★ふやし方★
たまごを産ませるじゅんび
ベタの繁殖(はんしょく)すいそう
  • オスとメスの間にしきりをつけて、お見合いさせます。オスとメスでも気に入らないとオスはこうげきしてしまいますので、お見合いでようすを見ます。この写真では、右がオス、左がメスです。
  • メスは、ふっくらしたものをえらびます。ほんとうは、何匹かメスを用意するといいようです。
  • オスがメスを気に入れば、オスは水面(すいめん)にあわの巣(す)を作り始めます。メスは、からだにたてじまの線がでてきます。そうなったら、まんなかのしきりをとりはずします。

ベタがたまごを産む
たまごをひろうオス。
  • オスはメスをおいかけまわします。見ていると、どうしてもいじめているようにしか見えません。メスのひれはぼろぼろになり、元気なく、動かなくなります。オスは本当にメスをころしてしまうこともありますが、ここはしばらくようすをみましょう。1週間くらいしてもたまごを産むようすが見えないときは、ちがうメスでためしましょう。
  • オスはメスのからだを巻(ま)くようにしてたまごを産ませます。この動きをなんかいかくりかえします。
  • たまごはオスがくわえて、あわの巣にはこびます。
  • たまごや赤ちゃんのせわはみんなオス(!)がしますので、メスはべつの水そうにうつしましょう。

たまごのふ化
  • たまごは数日でふ化します。赤ちゃんはあわにぶらさがっています。
  • あわの巣からおちてくる赤ちゃんを、オスはくわえてあわ巣にもどします。
  • 赤ちゃんのえさは、卵生魚用(らんせいぎょよう)フード(ショップで売っています)か、ブラインシュリンプ(えびっち)を。
そのあと
  • 赤ちゃんがそだつとともに、なわばりいしきをもってきます。オスどうしだとけんかしてしまいますので、わけて育てなければなりません。めすだけなら、いっしょにそだてることができます。(しかし、なかには気があらいものもいます。ようすをしっかりとみましょう。

★冬ごしのさせかた★
ヒーターを入れて
 ベタは熱帯魚なので、冬眠(とうみん)しません。冬はすいそうにヒーターを入れましょう。ヒーターを入れられないような小さな入れ物で飼っているときは、水そうをかえるか、他の熱帯魚が入っていて、ヒーターを入れている水そうに入れましょう。ほかの熱帯魚との相性(あいしょう)もあるのです。ひれがひらひらしている熱帯魚とはいっしょにしないようにしましょう。

 冬にどうするか、を考えてからベタを飼うようにしましょうね。
★病気、よぼう、ちりょう★
病気の名前とようす ちりょうのし方 よぼうのし方
【白点病】
からだのあちこちに白いぽつぽつ
白い点が増えて弱ってくる。
早い時期に発見し、薬を水そうに入れればなおります。
  • 病気の魚を別の水そうへうつし、メチレンブルーやグリーンなどの薬を、説明書をよく読んできまった量を入れます。(大人にやってもらおう)
  • 水温が高くないと(25度以上)ききめがうすいので、もしあれば夏以外はヒーターなどで水をあたためましょう。
  • 同時に塩をひとつまみいれましょう。
水温が急にかわるようなことをしない。(冷たい水での水かえ、ストーブのそばにおく、など)
【尾ぐされ病】
きず口にカビや細菌がつき、ひれがとけるようにくさる。
ほかの魚に病気がうつりやすい。
【口ぐされ病】
口のところにわた毛のようなものがつく。
えさが食べられない。
ほかの魚にうつる。
あっというまに病気がすすんだり、ほかの魚にうつって魚がぜんめつすることがあるので、早い時期に見つけなければなりません。
  • グリーンFなどの尾ぐされ病ちりょう薬を、説明書をよく読んできまった量を入れます。(大人にやってもらおう)
  • 食塩もききます。
  • 病気があらわれた魚は他の水そうにうつしてちりょうしますが、病気の出ていない魚も薬を入れた方がいいでしょう。
  • この病気の出た水そうは、水をすててよく洗ってください。
魚をいどうするときにキズをつけない。
魚どうしにケンカをさせない。(せますぎる水そうはだめ)

水そうの中にキズがつきそうなものは入れない。(プラスチックでできた水草の中には、キズがつくものがあります)

水温が急に下がることはしない。(水かえなど)

水がよごれたままにしない。
※病気ちりょう中の水そうにも、子ども達はよくえさをあげていますが、えさはあまりあげないほうがいいようです。ちりょう用の水そうはかんきょうがわるい場合が多いので、水が早くよごれてしまいます。また、水草を入れるとだんだんかれてしまいます。
★ベタ豆ちしき★
オスとメスの見分け方は?
 ヒレが長くて、うつくしいのがオス。ヒレがみじかくて、見た目ぱっとしない、みすぼらしいかんじなのがメス。ショップで売られているものは、たいていがオス。メスの方が値段(ねだん)も安いよ。
うつくしいオス じみなメス

どうしてオス1匹で飼うの?
 ベタはタイという国で闘魚(とうぎょ)として飼われています。。オスどうしだと、さかんにヒレを広げて、相手がぼろぼろになるまでかみついてたたかってしまうのです。だからオスはかならず1匹で飼います。メスは何匹かいっしょでだいじょうぶです。

ベタ
ここでベタ情報をゲットしよう!

Aqua Cube
AQUA-NET
Betta splendens
From BETTAS To BETTAS
HOW TO BREED AND RAISE BETTAS